1. こくっち
  2. akinori104
  3. 11月24日(木)「なぜ生きる」仏教って何?in浜松

11月24日(木)「なぜ生きる」仏教って何?in浜松

今年も残り2ヶ月を過ぎました。
もう1年経つのか、あっという間と感じませんか。
そんな時、少し足を止めて、ちょっと人生を振り返ってみる
とよいかもしれません。

そこで、今回も好評だったテーマ「なぜ生きる」について学んでみませんか。
続けて来ている方も、はじめての方もわかる内容です。


☆その「なぜ生きる」について

政治や経済、老後の年金、社会問題から家庭問題や人間関係など
私たちは日ごろ、どう生きるかに一生懸命でいます。
書店を覗けば、人生の生き方に関する本は山ほどあります。
それだけ、みんな、どう生きるのかに興味関心があります。

ところが、そうやって生きていく目的は明確になっているでしょうか。

もし、ただ空と水しかない見えない大海に放り出されたら、
とにかく泳ぐ、泳がなかったら死んでしまうと、泳ぐことばかりに
一生懸命になるでしょう。

しかし、ただ闇雲に泳ぐのでは、最後は、身も心も力尽きて、海に沈むのみです。

ここで大切なのは、泳ぐ方角ではないでしょうか。

あそこに大きな船がある!と泳ぐ方角がハッキリしてこそ、
また泳ぎ方が大事になってきます。

人生も同じです。

突然、不慮の事故、天災人災、大病を患うなどで、
今まであて力、たよりにして来たものに裏切られ、
大切にしてきたものを失うことがあります。
そんな苦難、困難、災難の波を乗り越えて生きて行きます。

生きることは大変です。

それでも生きねばらないのは、何故か?

この生きる目的がハッキリとすれば、生きる勇気が湧き、
はじめて仕事や健康管理、人間関係などもこのためだと意味を持ち
心から充実した人生になります。


そして、この「なぜ生きる」という深い問いに、


答えられたのが、今から2600年前に説かれた

お釈迦様の教え、仏教です。


仏教を通して「なぜ生きる」について学んで行きます。

この講座を聞けば、本当に生きることの大切さを知ることができます。


また「仏教をしっかりと学んでみたい」方だけでなく、

「関心があって一度聞いてみたい」方、

「今まで学んだことがないけれど気になる」方など、

初めてでも安心!わかりやすい内容です。

今すぐ参加ボタンをクリックしてお申し込みください!!

講座の後に懇親会、会食の時間を設けています。

講師に質問もできますし、参加者同士がざっくばらんに

語り合い、毎回楽しい時間です♪


◆参加者の声◆

~生まれてきたのは何のためかがわかった~

日頃から何のために生きているのかを考えることが多いのですが、生まれてきたのはこの為、人生の目的を達成することはできる、
本当の幸せがあるのだ、ということを知れたことは大きいです。ありがとうございます。
(30代・男性)

~自分のことなのに、わかっていなかった~

今まで自分のことは自分が一番よく分かってると 思っていましたが・・
私のことなのに、よく分かっていなかったことが分かりました。
初めての参加でしたが、仏教の言葉を私にも分かる言葉で話されるので、とてもよく分かりました。
(20代・女性)


●日時 11月24日(木) 

19:00~20:30

●会 場/クリエート浜松 52会議室
●講 師

 高松良行先生

 仏教講座を始めてから15年。

 学生時代を名古屋で過ごし、その後、福井、広島、
 東京、岐阜、富山、新潟等で活動。
 
 また、招待を受けてアメリカのカリフォルニアに
 1年間滞在し、ロサンゼルス、サンフランシスコでの
 講演経験がある。

 分かりやすさをモットーにした、親しみやすい
 仏教講師です。



 
●持ち物

筆記用具

●参加費

自由なお気持ちを受け付けています。
----------------------------------------------

この機会をお見逃しなく、

●主催:「仏教ってなに?」
http://japan-buddhism.com/nagoya/
地図:静岡県浜松市中区早馬町2−1
大きく表示
このエントリーをはてなブックマークに追加
[2016年11月10日 作成]

告知情報は『こくっち』サイトのWEBサービスで作成された告知記事です。
告知の内容に関しては告知元へお問い合わせください。
公序良俗に反する書き込みなど、社会的に不適切と判断される記事は予告なく削除いたします。
予めご了承ください。

ようこそ!ゲストさん

ユーザー登録
登録すると...
  • 告知を手軽に作成・追加できる
  • ブログパーツで公開できる
  • 本サイトに告知が掲載される
最新情報を継続的に公開したいときに便利です。

↓↓↓ブログパーツの例↓↓↓