1. こくっち
  2. 広島県(こくっちピックアップ)
  3. 【広島県】ひろしま菓子博2013

【広島県】ひろしま菓子博2013

2013年4月19日(日)~5月12日(日)の期間、広島市では「ひろしま菓子博2013」が開催されます。
全国のお菓子が広島市中心部に集まる国内最大のお菓子の祭典です。
 
ひろしま菓子博2013
 
会場は、「体験ゾーン」、「にぎわい味わいゾーン」、「出会いと交流ゾーン」、「シンボルゾーン」、「憩いのゾーン」の5つのゾーンで構成され、様々な催しがあります。
 
■お菓子の学校 [体験ゾーン]
 子供も大人も楽しめる、お菓子作りの体験ができます。(要予約)
 
■森のお茶席 [にぎわい味わいゾーン]
 表千家、裏千家、上田宗箇流の3流派が交代で抹茶と和菓子でおもてなしをしてくれます。
 
■スイーツカフェ [出会いと交流ゾーン]
 デンマークのペストリー、フランスのショコラを味わえるカフェ。
 
■夢のお菓子ランド [出会いと交流ゾーン]
 誰でもが知っているお馴染みのお菓子メーカーが、子供から大人まで楽しめる展示や参加型イベントを開催。
 出展企業:江崎グリコ・カルビー・不二家・ブルボン・明治・森永製菓・山崎製パン・ロッテ
 
■広島と世界のお菓子バザール [出会いと交流ゾーン]
 広島と世界をキーワードに数々のお菓子が転じ販売されます。商品数はおよそ400点の予定。
 広島を代表するお菓子として生産量日本一の広島レモンを使用した新しいお菓子「広島レモンスイーツ」にも出会える他、当博覧会のために開発された新しいお菓子にも出会えます。
 
■お菓子の工場 [出会いと交流ゾーン]
 広島と言えばもみじ饅頭。もみじ饅頭の製造工程を見学することができます。最新の機械で焼いたものと、昔ながらの手焼きで焼いたもの両方を試食して比較できるコーナーもあります。
 
■全国お菓子バザール [出会いと交流ゾーン]
 北海道から沖縄まで全国の老舗から人気菓子店までが勢ぞろいします。地元でしか味わえないお菓子約1000点が販売される予定です。
 
■全国お菓子めぐり館 [出会いと交流ゾーン]
 全国の魅力あるれるお菓子を、各地域の関わりとともに全国を6つのブロックに分けて紹介しています。3000点以上のお菓子が並び、一部は試食・販売もあります。
 
■お菓子のテーマ館 [シンボルゾーン]
 歴史的なお菓子の再現や、素材の展示などが紹介されています。
 広島県内の和・洋菓子職人の技術を結集した工芸菓子のシンボル展示コーナーでは、和菓子で再現した厳島神社に注目。間口10m、奥行9m、実物の15分の1の大きさで再現されています。
 
■お菓子美術館 [シンボルゾーン]
 全国の菓匠やパティシエが、腕によりをかけて作った芸術作品「工芸菓子」の展示がされています。
 
■プールサイドカフェ [憩いのゾーン]
 水辺でゆっくり過ごせるカフェ。家族連からカップルまで、多くの方に楽しんでもらえるアトラクションも設置されます。
 
 
ひろしま菓子博2013
 
【期間】
 2013年4月19日(日)~5月12日(日)
【時間】
 10:00~18:00
 ※土・日曜、祝日は10:00~20:00(最終日は17:00まで)
【場所】
 広島市中区基町 旧広島市民球場跡地
 広島県立総合体育館とその周辺
【アクセス】
 広島電鉄原爆ドーム前電停から徒歩すぐ
【料金】
 大人 2,000円(1,800円)
 シニア 1,600円(1,400円)
 高校生 1,400円(1,200円)
 小中学生800円(700円)
 ※()カッコ内は4月18日まで発売の前売り券です。
 その他の料金はHPを確認ください。
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
[2013年03月07日 作成]

告知情報は『こくっち』サイトのWEBサービスで作成された告知記事です。
告知の内容に関しては告知元へお問い合わせください。
公序良俗に反する書き込みなど、社会的に不適切と判断される記事は予告なく削除いたします。
予めご了承ください。

ようこそ!ゲストさん

ユーザー登録
登録すると...
  • 告知を手軽に作成・追加できる
  • ブログパーツで公開できる
  • 本サイトに告知が掲載される
最新情報を継続的に公開したいときに便利です。

↓↓↓ブログパーツの例↓↓↓